メニュー

コラム - 高津学院幼稚舎-大阪市天王寺区にある幼稚舎

06-7708-2865

〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町9-18
2F

コラム

おしぼり

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年05月10日(月)

週の始まりがスタートしました。

 

慌ただしく業務をしていると、園児の1人がおしごとにある「おしぼり」つくってを持って来てくれました。

 

最高に気持ちの良いスタートを切ることが出来ました。

子ども達の日常だけは

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年05月03日(月)

未曽有の状況。新型コロナの猛威は留まることを知りません。

その中で多くの犠牲を払い、その代償を受けてるのは大人たちだけでなく、子ども達の生活にも深刻な影響を与えました。

ここ大阪では、緊急事態宣言の中、小学校は時間短縮を余儀なくされ、リモートでの学びが増えていると言います。

もうこれしかないという対策であるのは重々理解できますが、どうかこの新型コロナの影響が子ども達の未来に出来るだけ影響しないようにと願います。

園舎では通常通り、日々万全の対策を行いながらのお預かりとなりますが、保護者の方々は体調管理と出来るだけ延長のない形での方針、少しでも体調が悪くなっている様であるとすぐに欠席をし、全力で協力をして下さっています。

当然行政からの指示については粛々と従う形になりますが、教師の体調管理も大切に、大人である皆がこの危機を乗り越え、どうにか子ども達の日常を守っている。そのような状況です。

いつか、この影響は少なからず教育関連に響いてきたとしても、子ども達が主体的で平和な社会を形成する一員となり、幸せな一生を送ることが出来るよう、大人である私たちは協働しながら「子どもの日常」だけは守り抜きたいと考えます。

スマホと思考力

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年05月01日(土)

子ども達のスマホやタブレットについては、文明の利器として、現代の我々の日常生活に浸透しております。

近年、スマホを幼少期から使用しすぎることでの弊害について、各脳科学界からも科学的なデータが明らかになってきているようです。

単に目が悪くなることや、ネットで繋がることの危険性だけということではなく、子ども達の「思考」についても、問題が定義され始めています。

幼児教育現場や、学校現場でも積極的にICTに力を入れることを目的に研究する学校や幼稚園、タブレットを使うことを目的としているような風潮があり、教員時代私自身も少し違和感を覚えておりました。

子ども達は私たちよりもっと身近なものとしてそれを使いこなす術について、我々の児童期より比べものにならないほど高いという事は言うまでもありません。

スマホやタブレットは便利なツールとして「人」が生みだしたもので、便利な「道具」でしかないのに、それを使いこなすことが「目的」となっている様な気がしてならないのです。

使いこなすことは子ども達に与えれば確実に出来るようになります。それよりもそのリテラシーや使いすぎることでの弊害や、全世界とつながることの素晴らしさと同時にその危険性について伝えること、もっと言えば、「考えて行動すること」が大切なのではないでしょうか。

一方、手紙や電話についてもその当時の最先端の便利な「ツール」であったことは言うまでもなく、「字」や「声」にその人の機微や心が感じられる、あたたかなものであるという事も忘れてはならないと思います。

最先端の機器を「使えること」が優れているのではなく、それぞれの特徴、メリットデメリットを知りながら、飽くまで生活の中の「道具」でしかないという事を理解する必要があると考えます。

園舎の子ども達はこれら前頭前野が発達する大切な幼少期に、毎日、沢山手指を使い、異年齢の環境から多くの事を日々吸収しています。

自分で何をするか自分で決め、おしごとや製作を工夫しながら取り組んでる子ども達の姿を見ていると、前述したようなことを自然と理解してくれるのではないかと思います。

ヘイトクライム

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年04月29日(木)

この新型コロナ禍において、世界中の実態や現状が日々伝えられる中、とても悲しい事実を知ることになりました。

この情報が間違いなく全て正しいとは断定できませんが、世界中でアジアの人に対する「コロナ差別(ヘイトクライム)」が生まれてると言います。

アジア系の人を見ると「コロナ!」と呼んだり、あからさまに口を覆うような恰好をして睨みつけたりなど、世界中でそのような差別が起こっており、中には差別的な行動をとる中に、多くの若年層の子ども達も入っているというのです。

その原因として考えられるのはやはり「幼少期からの経験」と「教育」であるものと思われます。「差別」を経験する人たちは幼いころから「差別」というものを体験し、中には心に深い傷を負うような、大きな悲しみを経験していることもあると考えます。

モンテッソーリは言いました。

「平和は考え方だけでなく、それ自体を経験することによって達成するのです。」

人生の「こころ」の基盤を創る幼少期に、どれだけ「平和」を経験しているか。

「優しくしてもらうこと」「手助けしてもらうこと」「ひとりの個人として人格が認められているということ」これらをまさに「経験」することによって「平和」が生まれてくるのだと園舎で過ごす子ども達を見ていてそう確信します。

比較的平和なこの日本、しかしながらこの世界的に未曾有この事態の中でも、この小さな園舎で、日々存分に「平和」を経験し、子ども達にはどうか「世界の平和」を願い、平和について考えられる人になって欲しいと願っております。

今すぐやること

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年04月26日(月)

園舎で子ども達の様子を見てると、いつも純粋に「何か」をしています。


ぼんやり何かを考えてる。なんていうことはなく、常に手足を動かして、イメージ的には「考えながら動いてる。」「動きながら考えてる」という風に見えます。

私はこれがとても大切なのことなのだと思います。

高津学院幼稚舎では、何かしよう。あれしなさい。これします。は殆どありません。

子ども達自身がその日の自分の生活を考えて1日を過ごしています。

これを幼少期からずっと続けると自分の時間は自分で過ごすことが当たり前で、指示待ちというようなことにはならない主体的な人生を歩んでくれるんだろうと考えます。

自分が「やってみたい。」という興味・関心に素直に反応し、時に失敗を続けながら、楽しくフィードバックを繰り返して過ごす。

人生はこういいシンプルな事なのではないでしょうか。

しかしながら子ども達は成長するにつれて、大人の余分なリスクヘッジや固定概念の中に囚われ、自由な発想や行動を阻害されていきます。

早期教育。学力史上主義。

私は生まれ育ったこの文教地区天王寺区に敢えて何が貢献できるかを考え、一石を投じる意味も含めてこの園舎を立ち上げました。

学力があるから、豊かなのか。テストの成績が良く名門とされる学校に入るから良いのか。


決してそうではありません。


もしそれらに意味があるとするなら、その名門に入ってから何を学ぶのか。つけた学力を自分の人生に活かす力が必要なのだと思います。

私は園舎体験、見学、説明会で来られる保護者の方々にモンテッソーリ教育は決して知育ではなく、生活教育・平和教育なのだという説明からスタートします。

これからの時代。子ども達にとって本当の意味で豊かな、限りある一生を大満足で過ごすことがモンテッソーリの言う「平和」に繋がるのだと信じて疑いません。

「すぐやること。」したいと思ったらすぐに行動に移すことができること。様々な人の意見や助言も、もちろん聞き入れながら、人生の最終決定は自分が決めること。

そのことを失わずに、園舎では子ども達に過ごして欲しいと思います。

ことばのつながり

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年04月21日(水)

今日は年中の子どもが行動遊びの札(「てをあげる」「たっておじぎをする」など行動が書かれたもの)を持って来て、

 

「おこる」の「こ」と「おきる」の「き」の違いを見つけて、1文字違いだねと話していたら、

 

「ねえ、園長先生、(ねる)。」って書いてと言ってきました。

 

職員室のホワイトボードに「ねる」と書いてると、他の年中、年少児も集まって来て、「これみて何か気づいたことある?」と尋ねると、途中参加の年中さん(識字可能)が「あ、全部に(る)がついてる!」と発見。

 

「そうだね。みんなが何かするときの言葉には、るーーーってのばすと全部最後は(う)になるんだよ。」と伝えると、そこからみんなで、「食べるぅー。」「寝るぅー。」「あそぶぅー。」「家に帰るぅー。」「階段を下りるぅー。」と職員室を出て、子ども達のたくさんの動詞遊びが始まりました。

 

暖かな午後の、あたたかな気づきのひと時でした。

平和への願い

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年04月20日(火)

このような未曽有の世の中でも、日々子ども達の成長の芽はぐんぐんと伸びていきます。

 

どうか、この辛い状況を潜り抜け、子ども達の将来・未来が明るい社会になってくれることを願い、そして自らの手でそれらを創り上げてくれることを期待します。

 

その為に私たち大人ができること。

 

日々、粛々と子ども達の毎日の「想い」に寄り添い、お互いが「楽しい」時間を過ごすために、「環境の準備」を協力して整え続けること。

 

このことに尽きると思い、研鑽と実践、そして我々自身が楽しみながら「挑戦」を繰り返していきたいと思います。

 

IMG 6619IMG 6619IMG 6619IMG 6619

 

 

お知らせ

カテゴリ: お知らせ 作成日:2021年04月09日(金)

2021年度当園は「大阪市が一定の教育の質があると認めた認可外保育施設を利用しているこども」達を対象とした施設利用補助施設に選定されました。(国の無償化対象施設には認定済でございます。)

 

この制度により、大阪市に在住の(3歳児~5歳児:2017年4月1日以前生まれ)利用の方々に対して「保護者の方の就労用件に関わらず、保育料の半額(上限¥308000)が助成される」こととなります。

 

この認定を頂戴することにより、ご就労のみならず、毎日ご家族の家事・炊事という365日無休の大変な「お仕事」をされておられる保護者の方に少しでもご支援できるものと大変有難く存じております。

 

これからもご提供させて頂く教育の質の向上を目指し、モンテッソーリ教育本格実施園として粛々と実践と研鑽を続けて参ります。

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

高津学院幼稚舎 園舎代表 板倉健介

2011.3.11

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年03月12日(金)

あの震災から10年。昨日多くのメディアでも取り上げられ、様々な特集が組まれていました。

 

1日経った今日。当たり前のようにメディアや当事者でない人々は日常が戻ったように感じました。

 

被災地の方々からすれば、10年でも、これまでも、これからも、復興を続けていかなければなりません。

 

当時私は小学校教員として子ども達と講堂で体育を行っておりました。

 

あの時の事ははっきりと覚えています。幼いころ阪神淡路大震災も経験しました。

 

大切なことは決して「忘れないこと」そして、毎日を一生懸命「生き抜くこと」。それらを子ども達と共に体現することだと考えます。

 

未曽有のコロナ禍、今後も様々な困難があれど、主体的に子ども達の未来が自らの手で明るくしていってくれること願います。

公園での出来事

カテゴリ: ブログ 作成日:2021年02月24日(水)

今日、戸外遊びの公園で年少児が、「園長先生、松ぼっくりってどこに落ちてるん?」と聞いてきました。

 

私は、少し遠くの松の木を指差し、「あそこの松の木の下には落ちてるかもしれないね。」と答えました。

 

その子は嬉しそうに、その松の木に向かい私も追いかけ、松の木を見上げて、

「ほら、見てごらん、木の上に松ぼっくりがついてるでしょ。あれが落ちてくるんだよ。」

 

と伝え、その場は少し坂になっていたので、男の子が「坂になってるから、下に転がってるかも知れない。」と付近を探し始めました。

 

その後は私も児童看護があるのでその場を離れましたが、その後彼は4つ松ぼっくりを見つけ、2人の友だちに1つずつ、お母さんと自分に1つずつ持って帰ったのでした。

 

公園の松の木の松ぼっくりもかなり落ち切った後の様子でしたが、その子が遠くから私が指さした松の木を知っていたこと、松ぼっくりを知らぬ間にたくさん見つけていたこと、それを友だちにあげ、お土産も持っていたことに、1年以上経つ成長に日々に驚かされると共に、子どもの観察力の高さに感心させられた出来事でした。

 

随時、無料体験レッスンを行っております

アフタースクール体験・説明会もこちらよりお申し込みください

お申込みはこちらから

Copyright ©高津学院幼稚舎 All Rights Reserved. [login]